ブログ

mv_sp
2016年11月22日

自分のことを褒められるようになると体型も変わる?!(その1)

こんばんは!   休日前の時間をいかがお過ごしでしょうか?     私は、今日の食事で目の前に座った方があのトランプ氏と電話する仲というびっくりすることがありました(笑)     こういう方とお会いすると、なんでもできると思えます。     私たち、なんでもできますよ、きっと(笑)           さて、今日はトレーニングとは一見関係ない話です。     が、実はトレーニングとすごく関係あるんです。             皆さん、日本人はあることがワースト1位なんですが何だと思いますか?     何と無くわかってたけど他の国と比べられるとこれがなかなかショックな結果なのです         2014年6月に内閣府より発表された「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」という、日本を含む7カ国(日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン)の満13〜29歳の若者を対象にした調査があります。これは、日本人の若者の特徴を、自己認識、家庭、学校、友人関係、職場、結婚、育児の6つの項目から分析し、子ども・若者育成支援施作に対する示唆を考察する目的で行われました(内閣府HPより引用)。   この調査の中の「自分自身に満足している」「自分には長所がある」という項目で、なんと日本は7カ国中最下位だったのです。       (図表1.2は内閣府HPより引用)     この結果から、内閣府のHPでは日本人の若者のことを「自己を肯定的に捉えている者の割合が低い」と表しています。     実用日本語表現辞典によると自己肯定とは「自らの存在意義や価値などに関する積極的な評価、自己評価することなどを指す表現。「自己否定」に対する語として用いられる場合を除けば、もっぱら「自己肯定感」の語として用いられる。自己肯定感は円滑なコミュニケーションや人間関係の構築などに大きな影響があるとされる。」とされています。     この調査の考察では、日本人の若者の自己肯定力の低さの原因は「謙遜を美徳とする日本の文化が背景にあること」「他からの評価を気にする風潮であること」としています     果たして今の日本人の若者は本当にその考察の通りなのでしょうか  …

mv_sp
2016年11月21日

知らないと損をする?栄養素のハナシ/目黒・白金台/女性専門パーソナルトレーニング

こんばんは〜   東京は、なんだかスッキリしない天気の月曜日でした。   さて、今日は前回の話の続きです。   前回は「自分のカラダに入るものは自分の知識を元に、自分で選ぶことが大切」と書きました。   前回のブログはこちらから   あなたが手に入れるべき「知識」とは食べ物の栄養素の話です。   昔々、家庭科の授業で習ったあれです   眠くってついついサボっていましたよね〜?(笑)   もしくは手紙でも書いていました?   ちなみに私は女子校なので仲の良い子に手紙を書いて、ハート形に折って回してもらっていました(笑) さてさて、ハートの手紙は置いといて、栄養素の話を思い出してください。   5つくらいありましたよね?   タンパク質 炭水化物 脂質 ミネラル ビタミン   ですね。   あなたが今日、食べた食事をその5つに当てはめて、今の自分に足りていない部分を意識していくのです。   シンプルです   もちろんトレーニングをしているので意識的に摂らなくてはいけない栄養素もあります。   あとは個人個人のライフスタイルに合わせた栄養素の摂り方もあります。   現代の女性はとっても忙しですからね   また、栄養素が効果的に摂取されるためには、組み合わせやタイミングも重要です   その辺りは、これからブログで詳しく書いていきます。 「ブログに書かれるのを待っていられない!」   「他の人より早く変わりたい!」   というかたはぜひこちらからお問い合わせください 体験トレーニングはこちらから     !お願い! ホームページからお問い合わせや体験トレーニングの申し込みをしてくださった方で、私からの返信が来ていない方がいらっしゃいましたら大変申し訳ございませんが、こちらのアドレスakagimori@gmail.comに再度ご連絡をいただけますでしょうか? もしくは、直接お電話をいただいても大丈夫です(セッション中で出られない場合は必ず折り返します)。…

mv_sp
2016年11月19日

人間は秘密のドアを開けたくなる生き物 !?☆女性専門パーソナルトレーニング☆

こんにちは! 東京は雨の土曜日ですね 前回のお話ではカラダを変えている人が「食べてはいけないものはない」と書きました。 私はよく皆さんにお食事の話をするとき「食べてはいけないものはないけれど、食べないものはあります。」とお話します。   これには「自分の意思で食べ物を選んでくださいね」という意味を込めています。 ここで大切なのは「自分の意思で」というところです。 誰かに「食べてはだめ!」と言われると一時的にはできますが、それは言ってくれる人がいなくなったら我慢できなくなってタガが外れたように食べてしまう可能性が高いのです。 マンツーマンでパーソナルトレーニングを受けていたけれど、やめた途端に元の体重以上にリバウンドしたというのはよく聞くことですよね。 人間は、原則として自分の行動は自分の意志や感情で選択したい生き物です。 そして、選択の自由を奪われるとストレスを感じたり、反発を感じたりして、やらなければいけない行動とは全く逆の行動を取ってしまうのです。 例えば、「絶対開けないでください」という張り紙を貼られたドアがありました あなたはそのドアを開けたくなりませんか? 私はダメだとわかっていても我慢できずにあけてしまいます(笑) これはカリギュラ効果と言います。 だからこそ自分の知識を元に、自分の意思で選ぶことが大切なのです。 では、その「知識」とは何を勉強していけば良いのでしょうか? 続きは次回に続きます 体験トレーニングはこちらから         !お願い! ホームページからお問い合わせや体験トレーニングの申し込みをしてくださった方で、私からの返信が来ていない方がいらっしゃいましたら大変申し訳ございませんが、こちらのアドレスakagimori@gmail.comに再度ご連絡をいただけますでしょうか? もしくは、直接お電話をいただいても大丈夫です(セッション中で出られない場合は必ず折り返します)。 こちらのPC不具合で、メールをいただいたのに私のところに届いていない方が最近数名いらっしゃいました。 こちらの不手際で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 —————————————————————————– Will workout for women 住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎2(予約時場所詳細お知らせ) アクセス 目黒駅より徒歩3分、白金台駅より徒歩6分 営業時間 9:00~21:00(トレーニング開始時刻) Facebook http://bit.ly/1SJjdBb HP http://willworkout.com ——————————————————————————

mv_sp
2016年11月13日

カラダを変えたい時、絶対食べてはいけないもの/目黒・白金台/女性専門パーソナルトレーニング

こんばんは! お久しぶりの更新です。 さて、みなさんに質問です。 カラダを変えたい人は食べてはいけないものがあると思いますか? 一般的に、「カラダを変える」「ダイエットをする」となるとトレーナーに食事制限をされて、食べてはいけないものがたくさんあるんだろうなーと思っている方が多くいらっしゃいます。 私のところに来てくださる方も「食べてはいけないもの」があると思っていらっしゃいます。 みなさんが想像されているイメージは、 「糖質を制限されて、一日の摂取カロリーもかなり厳しく注意される」 「我慢ガマンの日々が続く」 こんな感じではないでしょうか? これは、近年急激に有名になった個室パーソナルトレーニングジムの○イザップさんの印象が強く影響していますね。 でも「カラダを変えている人」が本当に食べてはいけないものがあるのでしょうか? その答えは「食べてはいけないものはありません」です。 次回はその理由について書いていきましょう。     体験トレーニングはこちらから     !お願い! ホームページからお問い合わせや体験トレーニングの申し込みをしてくださった方で、私からの返信が来ていない方がいらっしゃいましたら大変申し訳ございませんが、こちらのアドレスakagimori@gmail.comに再度ご連絡をいただけますでしょうか? もしくは、直接お電話をいただいても大丈夫です(セッション中で出られない場合は必ず折り返します)。 こちらのPC不具合で、メールをいただいたのに私のところに届いていない方が最近数名いらっしゃいました。 こちらの不手際で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 —————————————————————————– Will workout for women 住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎2(予約時場所詳細お知らせ) アクセス 目黒駅より徒歩3分、白金台駅より徒歩6分 営業時間 9:00~21:00(トレーニング開始時刻) Facebook http://bit.ly/1SJjdBb HP http://willworkout.com ——————————————————————————