食事

IMG_2470
2017年02月01日

オススメのステキなお店②表参道「LACCO」さん

こんばんは〜!   トレーニング終わり〜!   今日は3人でトレーニングをしてとても楽しかった!   相変わらずお尻痛いね〜(笑)   カラダを動かすことは楽しいこと。   これを忘れたくないですね。   全て自分にとってHappyかどうか。   そこが一番大切。   もちろん人に迷惑をかけてはいけないですが。   さて、最近行ったステキなお店のご紹介です!   ここは以前も紹介したことがあってその時は「ホエー豚ロースグリル」を食べたんですが、   ランチでそれは無くなっていて今回はこれでした↓   「ポークカツレツ」   以前の記事はこちら「ホエー豚ロースグリル」     このお店の名物らしいです。   お店の名前は「Lacco」(ラッコさん)   このポークカツレツはカツレツという名前だけどほとんどパン粉なんかはついてません。   ハーブと粉チーズで焼いてあるのかな?   ボリュームタップリのレタスと大葉とバジル!   それらを自分でまきまきして、ドレッシングにつけて食べるのです。   意外とボリューム満点なんです。   これにもりもりパクチーサラダもついてるからね!   (確かスープとサラダは選べた気が…)   美味しかったです。   外出している時のランチはなかなか食べたいものがないので、こういうシンプルな「お肉&野菜」みたいなのは嬉しい!   特に食事を制限しているわけではないのですが、こういう食事の方が私は好きです。   Happyだからこれを食べる。  …

2017年01月24日

オススメのステキなお店①恵比寿「クリスプサラダワークス」さん

今日は、私がよくいくお店や最近見つけたお店のご紹介です。   外食はあまりしないのですが、どうしても外で食べるときや、作る時間のないときは利用します。   まず1つ目は、「クリスプサラダワークス」   クリスプサラダワークスのホームページ   恵比寿、麻布十番、六本木などに店舗があります。   チョップドサラダのお店です。   この考え方好きです↓   好きだから選ぶ。   ダイエットのための代替メニューとして食べたり、 なにかのついでにサイドメニューとして食べるのではなく、 「好きだから食べる」「美味しいから食べる」。 サラダをそんな存在にしたいと考えたら、「カスタムサラダ」というスタイルに辿り着きました。 (クリスプサラダワークスさんのホームページより引用)     内装もシンプルで余計なものがなくて好きです。   チョップドサラダとは専用のナイフで具材を細かく刻んで、そこにドレッシングを混ぜてスプーンで食べるサラダです。   サラダは完全カスタムもできるのですが、私はスパイシーバイマイというメニューが好きで、大概これを食べています。   パクチー(シラントロ)が入っていて、スパイシーブロッコリーやグリルドチキンが入っています。   私はスパイシーバイマイ用のおすすめドレッシング(クリーミーシラチャードレッシング)ではなく、キャロットチリビネグレットに変えてもらっています。   そして、卵かチキンを追加します。   そうすると直径20センチくらいの子のプラスチックボールにこんもり山盛りいっぱいになります。   スプーンですくってよく噛んで食べます。   サラダだけを食べていてもカラダはできないので、こういうタンパク質が入っている食べるサラダ的なものは大歓迎です。     ちなみにこのサラダ、真似ができると思って作ってみました↓       具材は蒸したささみにブロッコリー、コーンに人参、レタスです。   その時の記事はこちら   まだまだご紹介したいお店はあるのでこのシリーズはちょこちょこ続けていきます。     —————————————————————————– Will…

mv_sp
2017年01月12日

最近の私の食事〜!なんだかタンパク質ばかりです(笑)

こんばんは〜。   最近の私の食事特集です〜。   今晩、何を食べるか迷っている方のヒントにしていただければ嬉しいです。   ↓まずは、和牛もも肉180g+ぶりのハーブソルト焼き   この日はブリのお刺身を食べていたんですが、量が多くて飽きたので焼いてみました(笑)   付け合わせはアイスプラントとブロッコリースプラウト。   この二つを選んだ理由は、色々なものを食べるようにしているのと、最近は葉物が高いのでこういう価格があまり変わらないものを選んでみました。   ブロッコリースプラウトはスルフォラファンという免疫力を高めたり、肝機能を向上させる成分が入ってます。 アイスプラントは緑黄色野菜でβカロテンが豊富ですよ。 しかも、ピニトールという脂肪の流れを良くして、体内に滞りにくくする成分が入っています。           次もお肉。   これは和牛のモモとサーロイン(だったと思う)。   200gです。   サーロインはちょっと脂っこかったですが、久しぶりなのでいっかと思って食べました。   量は食べませんが、カラダが欲している時は食べます。   さっとレアに焼いて柚子胡椒で食べました。   この日はお刺身の盛り合わせも。   マグロとタイとイカでした。   あとは野菜たっぷりお味噌汁と納豆とお豆腐でした〜。   満族満足!!     これは唯一のお肉じゃない写真(笑)   朝起きてすぐ食べたものですね〜。   フルーツにヨーグルトと蜂蜜を少しかけました。   フルーツは食べてからすぐ動いても重たくないので好きです。   朝エネルギー補給のために食べることが多いですかね。      …

raclette party with cheese and bacon
2017年01月10日

ストレスなく自分で負のスパイラルから脱出できるようになる方法

こんばんは!   前回のブログでは非日常食から日常食に戻れることが大切とわかりましたね〜! (前回のブログはこちらとこちら)   では、次はステップ3。   実践編です。   ここでは、ストレスなく自分で日常食に戻ってこられる自分を作ります。   最初にすること。 自分で自分に仕掛けを作ります。   「自分で自分に仕掛けを作る」とは「無理やり我慢しなくても、自然と日常食に戻れる様になるシステムを作る」ということです。   このシステムを作るために、まずは自分で自分の性格や行動パターンを振り返りましょう。   私の場合は「食事を変える」と決めた時、自宅にあった使いかけのマヨネーズやケチャップ、市販のドレッシング、白砂糖を処分しました。   これは「自宅にあるとついつい使ってしまう」という自分の性格を知っていたので、それができないように自ら先に処分してしまったのです。   つまり「マヨネーズを使えない仕掛け」をしたのです。   また、家にお菓子があると食べてしまうと自分でわかっているので、自宅にお菓子の買い置きはしません。   これも「お菓子を食べられない仕掛け」です。   あなたはいかがですか?   お正月の美味しい料理から、日常食に戻るために何か仕掛けが作れそうですか?   例えば、パーソナルトレーナーと一緒にトレーニングをされている場合は、そのトレーナーにお願いしておいてメールで気合いを入れてもらっても良いかもしれません。   また、1月中旬に厳しい意見を言ってくれる様な女友達と会う約束を入れておくのも良いですね。   同じようにカラダを変えている友達と会う約束をしておくのも良いですね。   これらは「自分だけの意思ではできない自分」を知った上で「誰か」に気合いを入れてもらう仕掛けです。   他には私が自分に仕掛けた仕組みのように自宅に「お正月料理を残さない」というのも手です。   最初から食べきれる分、もしくは足りないくらいしか作らない。   これは普段のお食事でも言えることです。   そして、自分の日常食の材料を冷蔵庫に準備しておく。   そうすれば日常食に自然とシフトできる。   これは「自宅にあるから食べてしまう自分」と「自宅に日常食用の食材がないと別のものを買って食べてしまう自分」を知った上での仕掛けです。   ちなみに、うちに来てくださっているお客様で冷蔵庫に「理想のカラダ」の写真を貼るという方もいらっしゃいました。   これは自分で自分に目標を思い出させる仕掛けですね。…

search
2017年01月09日

食生活が負のスパイラルに入ると大変な理由

こんにちは!   昨日のブログを読んでいただいて「日常食」と「非日常食」を分けて考えられる様になったあなた。   さぁ、次はステップ2です。   それは行ったきりじゃなくて戻ってくること。   これだけです!   何から戻ってくる?   どこから戻ってくる?   それは、「非日常食」というあま〜いおいし〜いところから、「日常食」に戻ってこられることが大切なのです。   あなたが、どこか海外旅行に行ったとしましょう。   楽しくて、ご飯も美味しくていつも食べないものを食べたり、たくさんの量を食べたとします。   「旅先でのご飯もコントロールして!」と私は言いません。   それは、非日常なので思いっきり楽しめばいいと思います。   で、旅行の最終日ふと鏡を見たらいつもとは違う自分がいました。   その時に皆さんはどうしますか??   「もうお腹が出てきちゃったし…」   「また元の生活にもどすのしんどいし…」   と帰国してからも、海外で食べていたようなピザやハンバーガーをそのまま食べ続けますか?   それとも、帰国してからは気持ちを切り替えていつもの生活リズム、いつもの食事、いつものトレーニングに戻しますか?   (もちろん、旅行中には、体型を戻すのが大変にならないくらいにとどめておく必要はありますよ)   ここでどちらを選ぶかが重要です。   ごく当たり前のことを言っていますが、これを自分の意思でコントロールできるかどうか?   ここで戻らないと、そのあと体型を戻すのが大変になってしまう。   そうすると…..   元の生活や体型に戻すのは大変で、気持ちが折れる。 ↓ 気持ちが折れると、体型は変わらないからやる気が失せる。 ↓ 体型は変わらない。 ↓ 変わらないから落ち込む。 ↓ やる気起きない。…